外壁塗装の下塗り

下塗り

下塗りは壁の洗浄、補修後に行われます。

 

シーラーという接着させるためのような塗料になります。

 

壁と塗料を接着する為のものです。

 

ですから、3回塗るうちの1回はこのシーラーです。

 

下塗りと呼ばれています。

 

 

 

 

3層塗る場合の層の違い

  内容
上塗り 指定の塗料を上に塗ります。
中塗り 指定の塗料を塗りますが、色違いの場合もあります。
下塗り 下塗りはプライマー(シーラー)、フィラーでの下地調整です。穴やクラックなどがある場合、フィラーで調整します。その後にプライマーを塗ることで塗料がしっかりと塗ることが可能になります。

 

外壁塗装で最も重要な商品は外壁塗装に使われる塗料とその塗装の技術力であることには間違いありません。


塗料が正しい技術力により施工されれば非常に良い商品となる事は間違いないです。


従いまして、その大元になる塗料については有名な商品を選ぶことがとても重要です。


見積もりの段階でも塗料の詳細については十分な説明を受けてもらってください。


またとても重要なことなのですが、悪い塗料を使うと塗装面が数年ではげてくるどころではなく、次の塗装を塗る上でも大きな障害を残すことになります。


10数年後に塗装の相談をしても悪い塗装をはがすことでコストが高くなったりまた、最悪の場合は塗装を断られることにもなります。


そのようなことがないようにも十分な注意が必要なのが外壁塗装なのです。


また塗装が乾ききってしまいますと、その塗料が何系なのかすらわからなくなります。


ですから外壁のメンテナンスは信用できる業者に任せるのが良いです。